10月16日未明、伊豆大島を台風26号が襲い大規模な土砂災害が発生。出張のため島外に出ていた町長の行動に非難が集中した。反省しきりだが、「島にとどまったとしても、避難勧告は出せなかっただろう」と告白する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2950文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年12月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。