東京電力が進める社内分社では国民負担が際限なく膨らむ恐れがある。法的整理は金融機関の打撃が大きい分、国民の負担が減少する。資産を可能な限り売却し、できるだけ多くの費用を捻出すべきだ。