与党として東京電力福島第1原子力発電所事故への対応に関する提言をまとめ、安倍晋三首相に要請した。除染や、それに伴う廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設などの一部を国も負担し、帰還よりも新しい生活を選びたい人への対応も求めた。東電の経営体制については廃炉や汚染水対策関連部門の社内分社化などを促した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1033文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 東電解体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。