「東京電力任せ」だった原発事故対応からの転換を進める安倍晋三政権。東電をほぼ今のままの姿で存続させ、除染などに国費を投入することが固まった。国民不在の中、利害関係者の思惑を優先する「結論ありき」の構図が浮かび上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4506文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 東電解体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。