福島第1原子力発電所では、現場の士気低下から単純ミスが相次いだ。背景には東京電力経営陣による汚染水問題への対応の遅れがある。今の組織体制で、原子炉解体作業を完遂することはできるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4851文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 東電解体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。