非上場ながら米国最大の資産運用残高を誇る投資信託運用会社、バンガード・グループ。0.19%という運用管理費用の圧倒的な低さを売りに、急成長を遂げてきた。このほど来日したCEOに、金融危機以降の投資の在り方と日本の投信の課題を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3328文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2013年12月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。