大型台風やゲリラ豪雨による河川の氾濫、土砂崩れなどの被害が相次ぐ中、治水に新しい視点を提供する1冊。軸になるのは川をベースに雨水が集まる「流域」だ。日本列島を流域で区分けした地図を作ると、行政区分地図とは大きく異なるものが出来上がる。地球の問題に対応するには、自然の切り口である流域単位で考えることが必要だと気づかされる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1385文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題