「もし車いす生活になったら、今の日本で暮らしたいとは思わない」。東京五輪をテーマにした今号の特集の中で、義足のパラリンピック陸上選手、佐藤真海さんが取材中につぶやいた一言がズシリと胸に響きます。