1980年代、私がジョージタウン大学に留学していた頃、米国では日本への関心は非常に高かった。周りで外国語と言えば「ネコも杓子も日本語」という感じだった。ところが今は日本の存在感は低下し、政治家も以前のように来日しなくなった。そういう時に損得抜きで日本のことを気にしてくれるのが日系アメリカ人だ。我々が積極的に交流を続けていかなければならない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1207文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日系アメリカ人という資産[後編]」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。