ソフトバンクがフィンランドのゲーム会社、スーパーセルを買収した。創業3年、社員数130人のベンチャーに与えた企業価値の評価額は約3000億円。収穫期から再投資期へ。孫正義社長はまた大きく舵を切った。