骨肉腫という病魔が、早稲田大学で応援部チアリーダーとして活動していた、19歳の彼女の右足を奪ったのは2002年。その後、彼女はリハビリを兼ねて始めた陸上で頭角を現し、アテネ、北京、ロンドンのパラリンピック3大会に連続出場を果たす。