骨肉腫という病魔が、早稲田大学で応援部チアリーダーとして活動していた、19歳の彼女の右足を奪ったのは2002年。その後、彼女はリハビリを兼ねて始めた陸上で頭角を現し、アテネ、北京、ロンドンのパラリンピック3大会に連続出場を果たす。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1434文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 東京五輪 点火」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。