56年ぶりに日本で開く夏の祭典が、多くの人の「参加」意欲をかきたてている。今の小学生や中学生は7年後、選手としての最盛期を迎えている。本誌の五輪商戦アンケートによると、東京五輪を意識した習い事などを子供に既に始めさせたり、検討したりしている人は約1割。