メーンアリーナ棟が竹中工務店、サブアリーナ・プール棟が鹿島――。10月中旬。一般の市民にはあまり知られていないが、建設業界では五輪競技場の整備を巡る受注合戦の火蓋が静かに切られた。