マツモトキヨシホールディングスは介護事業に進出する。従来の事業範囲では成長性に限りがあると判断。周辺分野の開拓で、医薬品販売との相乗効果も狙う。