プラント大手、千代田化工建設が水素販売事業に乗り出す。水素を常温・常圧で扱える技術で、輸送のボトルネックを解消。燃料電池車と並び水素流通でも日本が世界標準の座を狙う。