協同飼料と日本配合飼料が2014年10月に経営統合する。商社傘下の穀物各社は再編が一巡し、最大手の全農を追う。背景にはTPPを巡る競争激化や、畜産政策の不透明感も覗く。