廃棄されたペットボトルや食べられない植物などを原料に化学品を作り出す。遺伝子組み換えした微生物の力を利用することで、生産効率を高めている。環境に優しいだけでなく、コスト競争力も高まり、脚光を浴びている。