来年から始まるNISA(少額投資非課税制度)口座の獲得競争が、証券会社と銀行を中心に繰り広げられている。1人1口座なので、どの金融機関も顧客の抱え込みに熱が入るわけだ。