独創的な商品を開発すればするほど、ライバルは追随してくる。独占を悪とし、競争が自社の成長に寄与すると小林製薬は考える。競争と共存のバランス、「正しいケンカ」の方法を聞く。