ウエアラブル端末の研究が産声を上げたのは、1980年代のことだと言われる。当時は不格好な近未来予想図でしかなかったが、今やベンチャーや異業種企業も参入する。スマホという高性能な“インフラ”の登場を追い風に、今度こそ飛躍できるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5007文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 スマホ第二幕」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。