黄河と長江(揚子江)の中間を流れ、中国3大河川の1つとして知られる淮河。1980年代後半以降の産業化に伴い、ガン患者が多発、深刻な水質汚染で知られてきた。政府も対策に取り組んできたが、支流など小さい川は対象から外れ、依然、状況は深刻だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4806文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年11月18日号 117~119ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2013年11月18日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。