三菱自動車の再建プロセスが最終章を迎えている。公募増資を実施、三菱グループが持つ優先株を処理する。だが、ここに至るまでに「失われた10年」の代償は大きい。