三菱自動車の再建プロセスが最終章を迎えている。公募増資を実施、三菱グループが持つ優先株を処理する。だが、ここに至るまでに「失われた10年」の代償は大きい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1353文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題