日本独自の技術である人工の浮島「メガフロート」を、世界へ売り込む動きが始まった。埋め立てに比べ、コストや工期だけでなく、環境配慮の面でも大きな利点がある。燃料備蓄、開発基地など洋上スペースの有効活用へ大きな可能性をもたらす。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2701文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題