福岡市の整形外科の火災事故で10人が死亡。防火対策の不備が問題となった。同業態、有床診療所からなる協議会は「どの診察所でも起こり得る」と危機感を募らせる。入院基本料の低さから経営が逼迫。防火対策まで手が回らない現状を訴える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2917文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年11月18日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。