シンガポールのリー・クアンユー公共政策大学院のキショール・マブバニ院長は同国の国連大使などを歴任した国際関係論の論客だ。そのマブバニ氏が今年上梓した1冊の書『The Great Convergence(大いなる収斂)』が今、世界で注目を集めている。