ソーシャルメディアなどで、ファンに製品やサービスを語る「大使」になってもらう――。そんなマーケティングが注目される中、コカ・コーラがファン活用で新たな試みを始めた。従来の不特定多数に向けた情報発信とは異なるその中身と狙いとは。