ソーシャルメディアなどで、ファンに製品やサービスを語る「大使」になってもらう――。そんなマーケティングが注目される中、コカ・コーラがファン活用で新たな試みを始めた。従来の不特定多数に向けた情報発信とは異なるその中身と狙いとは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5780文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題