東京大学大気海洋研究所の特任准教授、青山潤はあの時の恩師の声をはっきりと覚えている。2009年5月22日マリアナ諸島沖、調査船の「開洋丸」に乗っていた青山は1本の海上無線を受け取った。同じ海域でニホンウナギの共同調査をしている「白鳳丸」からだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1866文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年11月11日号 46~47ページより

この記事はシリーズ「2013年 日本の革新者たち」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。