2006年に山本一成が1浪して東京大学に入った時、彼は典型的な“燃え尽き症候群”の学生だった。