金融危機以降、過去にない手法で金融緩和を進め、低金利の維持に腐心してきた先進国。だが、経済回復の足取りは重く、失業率も依然として高止まりが続く。バブルの芽を摘むには金利の引き上げしかなく、先進国は早晩その判断に迫られる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3247文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年11月11日号 150~151ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2013年11月11日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。