与党が「東京電力任せ」の福島第1原発対策の転換を打ち出した。汚染水問題の前進へ東電も廃炉事業の分社化の検討に入った。国の関与や東電の経営形態を巡る論議が加速しそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1499文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題