日本電産がホンダなど出資の部品メーカーを買収へ。同様の再編は今後、ほかの企業にも広がる可能性が高い。クルマ作りで進む2つのモジュール化が後押しした。

 ホンダから日本電産へ――。10月30日、日本電産によるホンダエレシスの買収発表に同社の社員らは驚きを隠せなかった。エレシスの制御機器の販売先はホンダが大半。主力拠点もホンダの城下町、宇都宮市にある。ともに育ってきただけに「ホンダの系列を離れることで何が起こるのか」とある女性社員は戸惑いを見せる。

 今回の動きは業績不振企業の救済が中心だった従来の部品会社の再編とは一線を画す。自動車業界で進む「2つのモジュール化」が後押ししたのだ。

 1つは、部品メーカーが複数の技術を組み合わせて開発・生産する「部品のモジュール化」だ。日本電産は今回の買収により、自社の自動車用モーターとエレシスの制御機器を一緒に作り込める。2つの部品をつなぎ合わせれば、性能やコストの面で単体の部品では難しかった突破口を開きやすい。

次ページ トヨタ系に波及も