メンバー全員が「ニート」で、全員が取締役。そんな株式会社を設立するため、175人のニートが団結した。すべてにおいて常識の逆をいく組織が、いよいよ船出する。