メンバー全員が「ニート」で、全員が取締役。そんな株式会社を設立するため、175人のニートが団結した。すべてにおいて常識の逆をいく組織が、いよいよ船出する。

 「いよいよ、取締役への就任承諾書と定款委任状にハンコを押すことになりました、イエーイ!」。10月30日、東京都内の会議室に詰めかけた約100人の若者から、拍手と歓声が上がった。

NEET株式会社の集合写真では、写りたくない人は後ろを向いた(写真:陶山 勉)

 実は、この場に集まったのは全員が「ニート」。15~34歳の非労働力人口のうち、学生と専業主婦を除き、求職活動をしていない人のことだ。

 ニートだけが集まり、株式会社を設立しようというこのプロジェクト。ネットなどで参加者を募集し、議論を経て最終的に残った175人が設立するのは、その名も「NEET株式会社」だ。

次ページ 脱藩浪士の血判状