原子力機構と高エネ研が運営する東海村の加速器で放射性物質が周辺に漏れた。作業員も被曝。組織の縦割りが対応を遅らせ、通報まで1日半を空費した。組織の融合を進め、再発防止を誓う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2873文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年11月11日号 26~27ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層(2013年11月11日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。