IKEAには買い物という本来の目的を離れ、子連れでご飯を食べながらおしゃべりを楽しむ母親集団がいる。脱原発など最近のデモに闘争性はなく「楽しくやろう」という意識が主流になっている。社会には多くの問題が存在するが、人々は日常の中に自分たちなりの「抜け道」を見つけて生きている。社会学者と哲学者が様々な現場を訪ね、具体的な方法と実情を探る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1342文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題