世界有数のモーターメーカーとなった日本電産が今、大改革に挑んでいる。車載など新分野を事業の柱に加える一方でグローバル化も一気に加速する。カリスマ経営者、永守重信は企業の老化の壁を打ち破れるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5897文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年11月4日号 44~49ページより

この記事はシリーズ「特集 最新版 会社の寿命」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。