「シャープは、独創はできた。だが、共創が下手だった」。シャープ元副社長、佐々木正氏はこう話す。1915年島根県生まれ、齢98。京都帝国大学工学部を卒業後、川西機械製作所(後の神戸工業、その後、富士通に合併)。64年、49歳の時に創業者・早川徳次氏に請われ、早川電機工業(現シャープ)に入社した。