「都合の悪いことは突っ込まないで無視しようという態度が表れていると評価されてもやむを得ない」。今年9月、外部の弁護士作成の調査報告書はカネボウ化粧品をこう断罪した。