2011年以降、激震に見舞われた大王製紙。創業家3代目、井川意高氏がカジノ遊興費の借り入れ事件を起こし、その連帯責任で経営陣から会社を追放された2代目の井川高雄氏が、創業家の持ち株を盾にグループの分裂を図った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4768文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年11月4日号 33~36ページより

この記事はシリーズ「特集 最新版 会社の寿命」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。