日本企業が短命化したのは、永続に欠かせない「3つの視点」を失ったからだ。創業者視点、顧客視点、共創視点を取り戻し、産業を高齢化でなく“抗齢化”する。日本経済が30年前の輝きを取り戻す方法は、それ以外にない。