企業が繁栄を謳歌できる時間は18年。本誌の最新調査でそんな数字が浮かび上がった。1983年の調査で打ち出した「会社の寿命30年」に比べ、大幅に短命化した計算だ。日本の産業界は、社会の高齢化に歩調を合わせるかのように、急速な老化が進んでいる。