企業が繁栄を謳歌できる時間は18年。本誌の最新調査でそんな数字が浮かび上がった。1983年の調査で打ち出した「会社の寿命30年」に比べ、大幅に短命化した計算だ。日本の産業界は、社会の高齢化に歩調を合わせるかのように、急速な老化が進んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3498文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年11月4日号 28~31ページより

この記事はシリーズ「特集 最新版 会社の寿命」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。