2013年4~9月決算の発表が始まり、好業績をうたう企業が相次いでいる。政府が望むベースアップを決断する例もあるが、先行するのは株主還元や更新投資だ。「人件費はコスト」。社内の余剰労働力もあり、企業は賃上げに踏み切れない迷いを残す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2216文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年11月4日号 8~9ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層(2013年11月4日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。