アベノミクスのカギを握る「国家戦略特区」の概要が決まった。規制緩和項目に失望感が出ているが、首相主導で改革を進める仕掛けも。霞が関の抵抗にどう対峙していくのか。焦点は年明け以降の攻防に移る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2759文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題