みずほ銀行は暴力団員融資問題で、54人を処分すると発表。佐藤康博頭取は兼任する持ち株会社の社長を含め留任する。背景には、現体制維持を「熱望」する政府・金融庁の存在も。