メガバンクの役員を務め、半沢直樹で描かれた銀行の世界を熟知する。組織の壁に何度も苦しむが、銀行の暗部にたまる膿を出し続けた。銀行からリース業界のトップに転じ、自由な経営環境で業績を伸ばす。