これまで4回にわたり、昨今のシューカツからの脱却を図る新たな動きを紹介してきた。最終回の今回は、採用活動の最前線に立つ担当者に匿名でホンネを語ってもらう。そこで相次いだのは、毎年のように“事件”を引き起こす学生に対する手厳しい意見だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4163文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題