「forty plus forty plus forty plus forty times forty」35章の表題が、20年近く前に原著を読んで以来、強烈に頭に残っている(日本語版では下巻第6部に収録)。