人材を大切にする日本企業の風土は世界に誇るべきカルチャーだ。だが、数字がついてきてこそ、その素晴らしさを世界に叫ぶことができる。宮内義彦CEO(最高経営責任者)が考える日本的経営とは。