アベノミクスによる景気好転への期待もあり、今年に入って高級ブランドや宝飾品といった高額品を中心に、消費回復傾向が見られる百貨店業界。J・フロントリテイリングの山本良一社長は「1997年の消費増税時ほどには売り上げは悪化しないと考えられるが、何らかの影響はあるはずだ」と慎重な構えを見せる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1445文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年10月28日号 45ページより

この記事はシリーズ「特集 総点検 消費増税」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。