消費税率が3%から現行の5%へと引き上げられた1997年。4月の実施を前に、自動車や住宅、家電製品などでいわゆる「駆け込み需要」が見られた。今回の増税を前に、既に住宅業界などで駆け込み需要が生じている。