8%への消費増税が決まり、自動車や住宅などで早くも「駆け込み需要」が生じている。しかし、増税前の「光景」は税率が3%から5%へと引き上げられた1997年とはかなり異なる。インターネット通販の拡大や電子マネーの普及、新たな税制措置の検討などがその要因だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り516文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年10月28日号 40~46ページより

この記事はシリーズ「特集 総点検 消費増税」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。