8%への消費増税が決まり、自動車や住宅などで早くも「駆け込み需要」が生じている。しかし、増税前の「光景」は税率が3%から5%へと引き上げられた1997年とはかなり異なる。インターネット通販の拡大や電子マネーの普及、新たな税制措置の検討などがその要因だ。


 消費税率が3%から現行の5%へと引き上げられた1997年。4月の実施を前に、自動車や住宅、家電製品などでいわゆる「駆け込み需要」が見られた... (続きはこちら



 消費税率の引き上げによって、小売りや外食チェーンなどで使われているレジやPOS(販売時点情報管理)システム、自動券売機なども、刷新や設定変更といった対応が必要になる... (続きはこちら



 消費増税の実施は来年4月1日だが、契約と商品・サービスの受益のタイミングが異なる場合、いつから税率が上がるのか... (続きはこちら



 アベノミクスによる景気好転への期待もあり、今年に入って高級ブランドや宝飾品といった高額品を中心に、消費回復傾向が見られる百貨店業界... (続きはこちら



 当然のことながら、2014年4月からは消費税込みで105円だった商品が108円になる。小売りの現場ではどんなことが起こるだろうか... (続きはこちら


日経ビジネス2013年10月28日号 40~46ページより

この記事はシリーズ「特集 総点検 消費増税」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。