8%への消費増税が決まり、自動車や住宅などで早くも「駆け込み需要」が生じている。しかし、増税前の「光景」は税率が3%から5%へと引き上げられた1997年とはかなり異なる。インターネット通販の拡大や電子マネーの普及、新たな税制措置の検討などがその要因だ。